« フランスからの防護服  | トップページ | 今日は相談だった »

2011年3月21日 (月)

放射能汚染


放射能汚染は日本政府の発表とは裏腹に汚染範囲を広めている
農作物、酪農、家畜、水、土料と
乳牛、酪農であれば 家畜のえさがもう使えない 
牛乳を出荷出来ない 牛は死を待つのみ
ホウレン草は 露地栽培に特化して出していた汚染が
今度はハウス栽培にも影響が出ていると 言い直した
水道は、貯水、河川が汚染が確認されている

直ちに健康への被害と言う言葉を散々聞いているが 
戦後、このような事故が起こり対策をとっていなかった
放射能はそばにあっても 国民には無縁だった
広島、長崎で起きた汚染の恐怖は子供の頃から教わっていたが
どの位で人体に影響が出るのかまでは 専門家でしかわからない
直ちに健康への被害、とは、
今は影響が無い 今後出てくるものと 国民は判断している
直ちに健康への被害はでないでは、 東北に行けなくなるし
汚染はどのくらいの時間で除去出来る物なのかすら 報道しないのでは
政府の発表は信じる事すら 出来なくなってしまう
発表をすれば 影響が出るが 
早期に発表しなければ 今後の事すら決まらなくなる

世界が日本政府の発表、対応に不満爆発している 
IAEAなどが日本へ来るのも遅かった様な気がする
何が これだけの対応を遅くさせてしまったのだろう
もう 人災なのは明らかだ 
原子力発電所で活動している隊員達は 
自らを犠牲にして活躍している

政府はもっと積極に国民への支持を出して欲しいものだ
これが世界への信頼回復の糸口にもなると思う

消火活動の隊員の皆様には 有り難うと お礼を述べたい

東電社員は最悪な役員の元で働かさせられている
社長、役員はいまも雲隠れをしている

|

« フランスからの防護服  | トップページ | 今日は相談だった »

震災」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能汚染:

« フランスからの防護服  | トップページ | 今日は相談だった »