« 神社が燃やされた | トップページ | 春日部西口が元気な夜 »

2011年3月27日 (日)

街を歩けば

普段通りの生活がちょっぴりと戻ってきている様に感じる
まーどう考えても あの混乱が馬鹿げている事ももわかり始めたし
落ち着き始めてきた様ですね
それにしても 皆備えていないのでしょうね
ここぞとばかりに 買いだめをしておりました
僕もその一人になりそうでしたが
 
余りにも 地震が起こりすぎて 不安をあおった
そこに 人災の原子力発電所事故
そして 被災地の援助物資の報道と

一番大きいのはきっと被災地域の報道
あれだけ援助物資が届かなかったのですから
政府の対応の報道が余計に不安になったのでしょう

後は余震でしょうね 
正直これは変だ 地震が落ち着かない訳で心の中で 何か起こる と
やはり 思いますし考えてしまう物です
そこに放射能の汚染で食料、水の不安
正直、もうこりゃ駄目だと思うからもう止まらなかったのでしょうね

逃げようと考えても 逃げる場所も限られますし 
まーあきらめるしかありませんね 
結構こう考え始めた人が多くなったのでしょうかぁ
原子力発電所の避難地域の住民は 
財産はどうなるんだ と もう自宅へ戻れないのか 
詰め寄る映像を見た時 自然災害より人災で起きた今回
あまりにも 惨く、考えさせられました

コンビニ、スーパー等食料品の供給は落ち着いてきました
水はしょうがないですね 政府も二転三転ですから
ガソリン問題はやはり落ち着きました
これと一緒で 水も4月の今頃は落ち着くでしょうね
インターネットでは汚染物質を取り除く浄水器は在庫切れです
僕の様な物は水はのみ続けますよー
しょうがない たよりにならない報道ばかりを観ていても当てにならない
あきらめます 水は必要ですから 僕らが飲まなければ
被災地域に申し訳が立たないですよー
国の発表を半信半疑で信じるしかないでしょう
水は被災地へ 譲りましょうよ

|

« 神社が燃やされた | トップページ | 春日部西口が元気な夜 »

震災」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街を歩けば:

« 神社が燃やされた | トップページ | 春日部西口が元気な夜 »