« ディーゼル車の生活 | トップページ | レコーディングの後は »

2012年4月17日 (火)

ミネラルウォーターサウンドスタジオ レコーディング

今回4月15日のレコーディングは、
クリックを録音
そして
ドラムだけの録音から開始
初めての レコーディングだそうです
若干25歳の 久喜市より来た幼なじみで
メンバー構成しているバンドです
早速、ドラムサウンドチェック 
トップマイクの位相、
KICKの音色、ハイタムのチューニングで時間が
かかってしまいましたが

Img_3009

13時には ベース録音の準備へ
しかし、ノイズが気になりますねー
原因は、エフェクターのアダプターの電圧でした
100mVを使用しなければいけない物に
200mVを使用していたのが原因でした
バッテリー駆動に変更して解決
流石、ミネラルウォーターサウンドスタジオ梅ちゃんです

Img_3010

14時半過ぎに昼食 この間にギターの音色をチェック
マイキングで 数カ所移動しながら
アンプから出ているイメージに近いサウンドを
探しました マイクの位置でこんなに
音色が変わるのに 驚いていましたねー
しかし、このギターノイズが全く有りませんでした
大変素晴しい事です

Img_3012

ドラム録音終了の一コマ

Img_3016

ベースの彼は エフェクターのいろはを
教わっておりました

Img_3019

いい感じにギターサウンドが決まり
録音が終了の彼、バンドのムードメーカーな存在

Img_3018

ヴォーカルの彼 専門学校でお会いしておりました
もと 学生さんでして 
いろんなお話と そして唄を頑張って録音しました

写真を撮りはぐりましたねー

最近のバンドは スタジオで音圧を求める傾向に有るみたいです
ライブ会場の音圧はいくら頑張っても出ません
音響にはかないません

小さい音量で 迫力の有るサウンド作りを目指せば
後は会場やスタジオの大きさで 
ボリュームを調整するだけです

週2回の練習なら 週1回6時間の練習への変更で
バンド練習の効率や集中力が アップします
おためしあれ

|

« ディーゼル車の生活 | トップページ | レコーディングの後は »

音響の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミネラルウォーターサウンドスタジオ レコーディング:

« ディーゼル車の生活 | トップページ | レコーディングの後は »