« 音響機材レンタル | トップページ | A-tri »

2014年4月30日 (水)

フィードバック

ギターやベースですが

自宅録音などでヘッドフォンが注目を浴びていますねー
確かに素晴らしいヘッドフォンも数多く生まれています
深夜でも何時でも 音を作り込む事が出来ますが

異常なほどの歪みを加えてみたり
イコライザーでブーストを行ってみたり
ライン、録音であるから出来る事なので

でも、ライブでの再現になると
現実的には、アンプとの相性、レベル、
決定的に違うのは、直接耳で感じている環境が違う訳です

ギターでもベースでも 歪みを使う時代ですが
とにかくハウリングが 許せるレベルじゃないのは問題なような気がします

もちろんバンドサウンドがそれであればいいのですが

ライブで
自宅録音を再現したいのは、すごく理解出来るのですが
それをライブで再現するには、
アンプを理解するべきでしょう
過度の歪みによる
フィードバックはアンプに凄く負担なんです
特に真空管系はかなりのダメージ

スタジオで個人練習に入り
時間をかけて作るべきだと考えます
アンプで音作りをなれてから ラインで音作りが基本です
ノーマルのきれいで1弦から6弦までのバランスの良い音から作り出すと楽です

自宅録音では、時間を使って音を作っているのに
ライブの音作りはおろそかなのは、残念です

スタジオではずーっとフィードバックしっぱなし
他のメンバーはうんざりなのに

てなことに なっていながら
自分は全く気にしていない

とても多くなっていますねー

これは、ちょっと残念です

今一度、エフェクターを
まっさらにして最初からやり直してみるのも
いいですよー

つぶやき

|

« 音響機材レンタル | トップページ | A-tri »

音響の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィードバック:

« 音響機材レンタル | トップページ | A-tri »