« 八戸の夜 | トップページ | 青森2日目 »

2015年10月23日 (金)

ライブハウスの録音バランス

質問に答えると

そうですねー

ステージの楽器バランスが
うまく取れてないのかも

大抵、ヴォーカルとドラムは背中合わせで

ドラムだけならヴォーカルのモニタースピーカーも
何とかなる

特に狭いステージの状況だと
ヴォーカルのマイクにドラムの音も入ってしまうし
シンバルは 以上なほど 入ってくる(かぶり込み)

声の小さい人はマイクにくっついて
歌うのがベスト

センターのヴォーカルが
ギターやベースのバランスを取って
歌うのが ベストだと思うなー

なぜななら ドラムは どんなにつよく叩いても
生音には限界があるでしょう

ヴォーカルも地声に限界があるし

でもエレキの
ギターやベース、キーボードとかは
限界が無いのですよ

ステージの中で歌いやすく
聴きやすく 演奏しやすくする工夫をしたら
録音のバランスも かなりの変わると思います

以外と楽しいですよ

リハーサルの時に 録音してもらって
メインスピーカーから 再生してもらうのも有りだしとか

色々エンジニアと相談するのは、大切なことです

QUADRA MIX SOUND DESIGN

QUADRA MIX SOUND DESIGN you tube


NEW ミネラルウォーターサウンドスタジオHP

NEW ミネラルウォーターサウンドスタジオブログ

ミネラルウォーターサウンドスタジオFacebook

|

« 八戸の夜 | トップページ | 青森2日目 »

音響の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブハウスの録音バランス:

« 八戸の夜 | トップページ | 青森2日目 »