« 春日部西口 炭菜房 | トップページ | 書道家なご家族のみなさまへ »

2015年11月25日 (水)

アレンアンドヒース  QU-32 ファームウェアV1.82

Qu Mixer Firmware Version 1.82 Release Notes

またまた  アレンアンドヒース Quのファームウェアがバージョンアップしました
今回は アウトプットの更新ですねー
V1.7の時迄は メインL/R マトリックス2系等
グループアウト4系等 
ミックスアウトが4モノ3ステレオ (7AUXと言うべきかな)
FXが4系統
インプットは32CHプラス3ステレオ
外付けHDDで18トラック同時録音可能
PC接続は32同時録音とか
こんな使用でしたが 
V1.8以降大幅に使い勝手が増えまして
やっと ここ迄来てくれた感じです

Qu Mixer Firmware Version 1.82 Release Notes

この値段で ここまで 進化してくれるなら
もう 満足ですね

今迄通り 全てのアウトプットに
 4バンドパラメ、そして31バンドGEQ コンプもあるし
結果的には

4モノ +7モノ 11系統のアウトか
もしくは4モノ +7ステレオの18アウトになった訳です
モニター卓としても 使用が可能になったのは嬉しい限り


32インプット 別でステレオインが3系統 そして4エフェクトは内部パッチ
18チャンネル迄がレコーディング出来る
USB-Bでは32迄録音可能

まあまあ ミキサーの表記はビニテとなりますが
アナログ卓の延長と考えるのなら 問題有りません

デジスネでも
 1台で 32イン16アウト それ以上の38イン20アウトの構築も出来る様になった訳です
本体で簡潔のQuシリーズですが
これはこれで有りでしょうかねー
コストと見合わせれば立派にパフォーマンスをしている感じでしょうか
安いですよねー トータル70万弱で構築出来たのも

最新機種のd LIVEも魅力ですねー
小型で 36フェーダー ディスプレイも2画面
海外では300万円台

日本ではやはりYAMAHA CL QLとかが主流なりますね

音の個性って メーカーで違う訳ですが
使い勝手では、アレンアンドヒースのミキサーは
満足な物となっております 
安いのが魅力でしたね(o⌒∇⌒o)

ところで
イギリス本国アレンアンドヒースのサイトでは 
9月頃より 国内代理店のコモドマッティーナの名前は無くなっていましたね

今後、日本国内のプロサウンド部門で
新しく 国内代理店が出てくるのでしょうかねー
アフターが 不安定だと ちょっと今後が不安ですよね

ところで ディスプレー2つついた d LIVE使ってみたい物です


QUADRA MIX SOUND DESIGN

QUADRA MIX SOUND DESIGN you tube


NEW ミネラルウォーターサウンドスタジオHP

NEW ミネラルウォーターサウンドスタジオブログ

ミネラルウォーターサウンドスタジオFacebook

|

« 春日部西口 炭菜房 | トップページ | 書道家なご家族のみなさまへ »

音響の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレンアンドヒース  QU-32 ファームウェアV1.82:

« 春日部西口 炭菜房 | トップページ | 書道家なご家族のみなさまへ »